理事長挨拶

ごあいさつ ~存在価値ある組合であり続けるために~

京都府印刷工業組合は「中小企業団体の組織に関する法律」によって京都府全域を区域とした一般印刷業界唯一の団体です。明治24年(1891年)に申合組合として京都印刷業組合が結成されて以来、120余年の歴史を積み重ねてまいりました。3年後の2021年には組合創始130年を迎えます。

平成30年5月26日現在の組合員数は133社。さらに、全国各都道府県の印刷工業組合により組織される全日本印刷工業組合連合会(以下全印工連)の加入者数と合せますと4,603社(平成30年4月1日現在)になります。

全印工連では、私達印刷業界が紙への印刷にとらわれることなく、人から人へ情報を伝える「INSATSU」の担い手であることを社会に示すなど、印刷業界の新たな事業領域の拡大を提唱しています。当組合においては、全印工連との連携の中で、次の印刷業ともいえる"ソリューション・プロバイダー"に進化するために必要な情報やスキルの提供、共同事業の支援等に取り組むとともに、組合員企業の経営安定と持続的な成長、発展を期した諸事業を展開しており、今期におきましては下記事業を中心に推進してまいります。

[総務活動事業]組合の庶務事項を統括するとともに、総会をはじめとする各種会議の的確・円滑な開催に努めます。

[組織共済事業]対外的な組合PR活動の推進に力を注ぐとともに、組合員の相互扶助を目的とした各種共済制度等の周知・啓発を図ります。

[産業戦略デザイン事業]全印工連が提唱する印刷産業成長戦略「全印工連2025計画」、並びに「2025計画」を補完し、全印工連の会員企業支援事業の骨子となる「Happy Industry 人々の暮らしを彩り幸せを創る印刷産業」の推進・周知・啓発に努めるとともに、京都府印刷関連団体協議会等の組織を通して印刷関連業界全般の発展・向上に努めます。

[官公需対策事業]官公需入札制度についての研究と改善運動に努めるとともに、官公需対策に関する研修・講習会を適宜開催します。

[経営改善事業]経営改善をテーマの研修会・見学会を企画・開催するとともに、印刷諸資材の動向に着目し、情報収集と発信に務めています。また、昨今印刷業界においても最優先課題の一つとなっている「事業承継問題」にも取り組みます。

[環境労務対策事業]環境・労務問題に関する研修会を企画・開催するとともに、VDT検診・特殊健診など、組合員事業所の健康対策に取り組みます。加えて、全印工連の推進する「全印工連CSR認定制度」の研究に努め、周知・啓発に協力します。

[教育研修・技能検定事業]各種教育研修事業を推進するとともに、技能検定・オフセット印刷作業の実技試験を受託実施します。また、大学等教育機関との連携を密にし、就職を控えた学生に対して印刷業、並びに印刷会社への理解を深めてもらう活動に取り組みます。

[厚生事業]業界功労者顕彰式・優良勤続従業員表彰式をはじめとする組合員事業所の福利厚生業務に取り組みます。

[金融事業]組合員への転貸融資を実施するとともに、各種融資制度の周知と便宜に努めます。

[情報ネットワーク事業]組合と組合員の相互ネットワーク化を推進する組合ホームページ・フェイスブックの運用を行うとともに、機関誌やFAX・メール通信を通して組合事業の周知・報告に努めます。

また、青年部組織である京都青年印刷人月曜会、並びに京都府印刷関連団体協議会傘下の各団体、京都印刷協和会等とも連携を密にし、タイムリーな講演会、セミナーの開催などを通して業界内外の有益な情報発信に努めます。

本年度におきましても、組合員の皆様のお役に立てる事業の推進に努め、私達印刷業界が次世代を担う若い人たちに夢と希望を持ってもらえる業界となるために邁進する所存です。今後とも、なお一層のご支援・ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

平成30年5月26日
京都府印刷工業組合
理事長  中西 隆太郎

京都府印刷工業組合組織図   編成と運営
  • 産業戦略デザイン室委員会
  • 官公需対策委員会
  • 総務委員会
  • 教育研修委員会
  • 技能検定委員会
  • 経理委員会
  • 組織共済委員会
  • 情報ネットワーク委員会
  • 経営革新マーケティング委員会
  • 厚生委員会
  • 環境労務委員会

京都府印刷工業組合 / TEL 075-312-0020 FAX 075-314-8692 〒615-0064 京都市右京区西院久田町1番地 京都印刷会館内